【ベンツ 車検費用】ディラーでベンツの車検を受けるならシュテルンとヤナセどちらが安いのか?

, 車の維持費

シュテルンとヤナセ

メルセデスベンツ日本の直系の販売会社のシュテルンと外国車販売の雄であるヤナセ。どちらもメルセデスベンツ正規販売ディーラーです。

たたし、同じ正規販売ディーラーでも成り立ちも資本も違うので、当然サービスに関する料金も違います。

それでは車検費用はシュテルンとヤナセではどちらが安いのでしょうか?

 

結論からいうと、ヤナセのほうが安いです。

とにかく費用のみで優劣でメルセデスベンツのディーラー車検をお考えの方には私はヤナセをおススメします

とは言え、

具体的にシュテルンとヤナセで何の費用に差があるのか?

ヤナセでベンツの車検を受けると費用はいくらかかるのか?

などを詳細にご説明しますので、メルセデスベンツのディラー車検をお考えの方は是非ご覧ください!

 

シュテルンとヤナセの車検費用の比較。何がどれだけ違うのか?

それでは実際に車検費用のどの項目の何が異なるのか比較したの以下の表です。ちなみに、シュテルンは前回の車検費用、ヤナセは今年受けた車検費用を比較してますのでシュテルンはもしかすると最新は異なる可能性があるので注意して下さい。まぁ、このご時世なんで人件費等の高騰を考えると値下げされているはずもなくむしろ上がっている可能性はありますが。

車検の主項目 シュテルン ヤナセ
車両のシャシ洗浄 17,820円 11,620円
完成検査 11,880円 10,820円
車検代行 17,820円 10,820円
合計 47,520円 33,260円

この3項目を比べただけでも、14,260円ヤナセのほうが安いです!

まぁ、ほとんどのベンツオーナーにとっては微々たる金額の差と感じて気にもしない額かもしれませんが、弱小サラリーマンベンツオーナーとしては結構響きます(笑)

 

ヤナセで最初に出された見積もり金額

前回、ヤナセで冷却水故障でお世話になった時に車検も近いということで、車検の見積もりも合わせてして頂きました。その際に頂いた最初の見積もりが以下です。

こちらが1枚目。MB2年点検が車検の基本料金で41,580円となります。こちらに関してはシュテルンと同額です。

こちらが2枚目。合計金額が178,115円です。これに自動車税・自賠責・印紙代と表にも記した完成検査費用・車検代行費用の73,230円がかかります。

従って合計すると178,115円+73,230円=251,345円が車検の総費用となります。

高いですかね?普通ですか?

車の状態を鑑みるとまだ必要ない整備も含まれていたので、項目を削る話をしていたところサービスの方からメンテナンスプラスライトの提案を受けました。

 

私が実際に受けたメンテナンスプラスライトとは?

私が実際に受けた整備メニューは、メンテナンスプラスライトです。

これは現行の全車種に適用されるサービスメニューであり、ざっくりいうと車検整備と1年点検がパックになっているメニューです。メニュー内容としては、車検基本費用、1年点検基本費用、メーカー指定の定期交換部品の部品及び交換費用が含まれています。ちなみにこちらのメニューはシュテルン及びヤナセともに取り扱っています。

こちらが詳細な説明パンフレットです。そもそもメンテナンスプラスというパックがあるのですが、これは初回車検時のみしか申し込みができません。メンテナンスプラスライトに関して時期や走行距離等の制限がないため入りやすいパックとなっています。

 

こちらがメンテナンスプラスライトの価格表です。

Bクラスは、106,920円(税込み)となってます。

ちょっと感覚麻痺しているかもしれませんが、車検費用と1年点検セットでこの価格はかなり安いです!!(笑)

 

こちらはSクラスやGクラスの価格表ですが、クラスが上がると当然料金も上がりますが、それでも通常の料金よりかはお得になっていると思います。

 

メンテナンスプラスライトを使った車検整備内容と車検費用は?

まず、車検整備内容は以下です。

まずメンテナスプラスライトを使用した車検整備では以下の料金が含まれました。

・MB2年点検

・エンジンオイル及びフィルター交換

・フロントワイパーブレード交換

・リヤワイパーブレード交換

・ヒーター/コンディショナー用ダストフィルター交換

・ブレーキオイル交換

で、少なくとも最初にして頂いた見積もり内容の10万円分ぐらいの整備内容はやって頂けたので凄く満足しています。更に1年後の整備点検費用も込みというのは驚きです。

以前、シュテルンで1年点検の費用をざっくり見積もってもらった時に8万と言われていたので、その費用も賄えると思うと、メンテナンスプラスライトがいかにコスパが良いかお分かり頂けると思います。

 

最終的な支払い金額はメンテナンスプラスライトの費用106,920円と

諸経費用の73,230円を足した

180,150円が次の1年点検整備費用を含んだ形の車検費用となります。

 

シュテルンとヤナセどっちが車検費用が安いのか?まとめ

いかがでしたでしょうか?

シュテルンとヤナセではやはり料金の差がありますし、当然サービスの差なども別会社なのであると思います。

車に長く乗ることを考えると、最終的には人と人のつながりが重要になってきて、一概に費用が安いのでヤナセにしましょう!とは言えない部分もあります。

まずは、どちらのお店もお近くにある方は見積もりをとったりサービスの対応なども考慮にいれて総合的にどちらを選ぶか決めるのが良いのではと思いました。

皆様のベンツライフの参考になれば幸いです。

 

やはりディラー車検は高い!とお思いの方はネットで一括車検見積もりはいかがですか?最安を選べますよ。

【Goo車検】
電話で最適な整備工場をご紹介。ご自宅で引き取り&納車が可能。簡単カード決済が特徴です。

【楽天車検】
楽天ポイント1500ポイント以上をゲット可能!

 


PAGE TOP