【メルセデスベンツ 車検費用】ベンツBクラス(W246)の3回目の車検を受けたので車検費用がいくらかかったのかをまとめてみる

, 車の修理, 車の維持費, 車検

こんばんは、物欲です。

メルセデスベンツを所有して5年ほど経ちましたでしょうか。

今回3回目の車検整備を受けましたので、

7年落ちのベンツに何か不具合が発生していたか?

車検整備費用はどのくらいかかったのか?

などをご報告しようと思います。これからメルセデスベンツの購入を検討している方、或いはこれからメルセデスベンツの車検を受けようとしている方、ヤナセでの車検に興味がある方には参考になると思いますので是非ご覧ください。

 

 

今回もヤナセで車検整備をしました!

前回の車検時の比較記事にもあります通り、シュテルンよりもヤナセのほうが費用が安いので今回もヤナセで車検整備をすることにしました。注:今回はとくに比較はしてないので、気になる方は見積もりをとったほうが良いかもしれません。

 

ヤナセで車検整備の予約をする

ヤナセから車検のご案内のハガキが来ていたので、早速そこに電話して車検を受ける旨を伝えます。

その際に、毎度のことですが、税金などの諸経費用である約7万円は現金で必要との連絡を受けました。

 

ヤナセにBクラスを車検に出す

ヤナセに着き席につくと、飲み物を頂けるとのことでいつも通りアイスカフェラテを頂きます。やはりコロナ影響で入れ物がプラスチックになってますね。感染対策もバッチしてますね。

 

今回もメンテナンスプラスライトで車検整備を実施

さて、本題の車検に関してですが、資金力に問題があり?そして新車も購入できそうもないので2年保有を見越して、今回もお得なメンテナンスライトで車検整備をすることにしました。

が、しかしメンテナンスライトの費用が前回に比べて値上がりしている!!

決して消費税率引き上げ分だけでなく、普通に値上がりしてますよ。前回の車検の記事↓

前回のメンテナンスライトの費用が106,920円で今回は132,000円なので23%程度値上げされてます・・・・。値上げし過ぎじゃね???と庶民の私は思いつつそれでもまぁお得なプランなので、今回もメンテナンスライトを利用することにしました。

そして他に修理が必要な箇所が発生した場合、TELで連絡するとのことでした。

 

申し込み手続きを終えて代車を借りる

とりあえず諸経費用(税金関係など)の71,550円の支払いを終えて、代車を借りて帰路につきます。

ちなみに今回の車検では、代車として新しいBクラス(W247)を借りました。

新しいBクラスに関しては別途レビューをしますのでお楽しみ!

 

見積もりのTELが来る!

車を預けてしばらくしてからヤナセからTELがありました。

結論からいうと、別途整備をしないと車検が通らないとのこと。

具体的には以下の2点。

ドライブシャフトブーツからのグリス漏れ

サブバッテリーの故障

です。

グリス漏れの修理が2万円、サブバッテリーの交換が3万円ぐらいで計5万円くらいはかかるとのこと。

またついでにミッションオイルやフィルター、点火プラグなどの交換も薦められましたが、車検通過には関係ないのでお断りして、壊れたら治す方針をお伝えしました。

それにしてもサブバッテリーは盲点でしたね

以下の記事でメインバッテリーを交換する時に、もちろんサブバッテリーの存在もしっていたのですが、メインバッテリーを交換することで、アイドリングストップ機能も復活し全ての問題がクリアになったので、特にサブバッテリーに手をつけることはなく放置していました

それが車検の段階で問題になるとは夢にも思いませんでした。自分でやったら2万円ぐらいで余裕でできるので残念ですね。

ということ、ざっくり見積もりでは合計18万円ぐらいかかるとのことでした。

 

車検整備及び修理が完了し車を取りにいく

車検が完了し約1週間後に車を引き取りに行きました。

今回はかなり暑かったので大好きなコーラをチョイス♪

 

すぐにサービスの方がきて車検整備の詳細内容の説明と明細を渡されました。

メンテナンスライトの範囲での部品交換と、不具合であるサブバッテリーとドライブシャフトブーツからのグリス漏れだと思ってましたが、実際はスタビライザーバーリンケージの交換のようでした。ここからもグリスは漏れるんですかね・・・?

以上のような感じで、修理費用として53,229円かかりました。

なので、メンテナンスプラスライトの費用と合わせて

結局、整備費用として185,229円かかりました。2013年モデルのBクラスとしてはこんなもんなんでしょうか・・・。

 

車検3回目(7年落ち)のベンツBクラスの車検整備費用の総額は?

今回の車検の総費用は、諸経費用の71,550円と整備費用の185,229円をたして

総額256,779円かかりました!!

前回の車検費用は180,150円だったので7万円ほど多くかかりました。

増加費用の内訳は上記に示した通りですが、年々整備費用が高くなっていくのは昨今の社会状況を鑑みると当然かもしれませんね。そうなってくると、早く新車に乗り換たい気持ちがふつふつとわいてきます。

 

ベンツBクラスの3回目の車検のまとめ

いかがでしたでしょうか?

なんだかんだでベンツに乗り始めてから約5年が経過しました。

その間にいくつかの故障に見舞われさらに今回も修理費用も発生しています。

よくサラリーマンがベンツを所有できるのか?と言われ続けてましたが

時代も変わり、大衆向けのモデルが増えさらに車の信頼性が上がている昨今のメルセデスベンツにおいては維持費用もサラリーマンが払えない額ではないことがお分かり頂けると思います。

もちろん私の過去の記事でも、自分でできることはなるだけ自分でこなすことで費用を浮かしてきました。また自動車保険に関しても保証と金額のバランスで自動車保険を選ぶことで毎年のコストを抑えています。

そのようなことも併用すれば、サラリーマンがベンツを維持することは難しいことではないと思います。

以上、3回目の車検費用のまとめでした。

メルセデスベンツは安心、安全でいい車ですよ(笑)

 

 


PAGE TOP