【千葉 養老渓谷 旅行】渓谷の別邸 もちの木に泊まって温泉も食事も最高だった話

こんばんは、物欲です。

数か月にわたって出ていたマンボウも解除され、季節も良い感じになりましたので今回千葉県へ旅行に出掛けました。

いつもは家族で旅行に行きますが、久しぶりに親孝行ということで両親と温泉に行ってきました。

両親とは特にコロナになって会う機会も激減しましたし、今後どれだけ旅行に行けるかもわからないので、今回はちょっと気合を入れて旅館を探して旅行に連れ出しました。

なので、これから千葉への旅行を計画している方やご両親に旅行をプレゼントしたいと思っている方には参考になると思いますので是非ご覧ください。

 

 

今回宿泊した宿は?

千葉県の房総半島にある養老渓谷のもちの木いう宿に泊まりました。

場所的はこのあたりです。

東京からですと電車だと100分くらい、車だと2時間もあれば来れます。

最近千葉県をヘビロテしているのは神奈川方面などと違って渋滞が少ないのが気に入ってます。

 

もちの木に入館する

こちらがもちの木の外観です。大規模というよりはこじんまりとした印象です。

 

正面玄関のわきには、

 

養老川が流れています。

 

こちらは中庭です。すごく手入れされてました。

 

もちの木のお部屋

もちの木には何種類かのお部屋がありますが、今回泊まったのは養老川沿いの「」というお部屋に宿泊しました。

お部屋の詳細は公式HPのこちら

 

こちらがお部屋です。趣があって広く感じました。

 

更にテラスもあって、

 

養老川を眼下に、

 

くつろぐことができます。夏とかだと最高です。

 

建物自体は新しくはないですが、

 

掃除が良く、

 

行き届いている感じでした。

 

トイレも綺麗!

 

お菓子も3種類おいてましたよー。

 

大浴場は15:00~24:00、5:00~10:30まで入れます。11:00チェックアウトです。

途中19:00~20:00で清掃とお風呂の場所が男女入れ替わります

早速ですが、チェックイン早々にお風呂に向かいます。

 

もちの木の温泉

1Fにある大浴場に向かいます。

 

途中にマッサージチェアーもおいてあります。

 

大浴場は石庭というようです。

 

こちらがお風呂です。内湯と露天風呂があります。

 

こちらが露天風呂。

 

お湯はトロっとしていて本当に気持ちのいい温泉でした。

この景色も最高でしたね。紅葉の時期などはヤバそうです。

夕方、夜、朝の3回入浴しちゃいました(笑)

ちなみに男女入れ替えがあって、もう一つのほうの露天風呂はこちらもよりも大きく更に養老川沿いなので更に景色も良く満足できると思います

 

もちの木の夕食の味と量は?

結論から言いましょう。質も量も大満足でした。

 

こちらがおしながきです。

 

まずは、贅沢にもカニが入った胡麻和えです。美味しい!テンションあがります。

 

三色だんご、茗荷寿司、桜みそ田楽などです。

 

もちろんビール飲んでます。

 

どんどん食べてますが、

 

見てるだけでも美しいです。

 

こちら椀物で、

 

グリーンピース仕立て春キャベツ饅頭。グリーンピースは得意ではないですが、こちらの椀物は美味しく頂けました。

 

そして刺身は、鯛のうす造りです。

 

アワビと紅葉大根が見えます。

 

早速、

 

紅葉おろしと頂きます。う~ん、美味。

 

アワビのこの厚み見てください!肉厚ですが柔らくて美味しかったです。

 

こちらは、焼き物でさわらのみそ焼きになります。

もう、いうまでもなくおいしい。

 

こちらは鳥とたけのこと山菜の鍋です。

 

出汁がめちゃくちゃ美味しかったです。鶏肉はまあ普通でしたが。

 

きました、メインが。ステーキです。

味付けは塩とレモンとわさびです。わかってますね。

 

パプリカ、あわび茸、甘長どうがらしがステーキのわき役です。

 

こちらがお肉です。見ただけでよだれがでるくらいルックスGOODです。

 

この石のような皿の上で焼いていきます。

 

肉汁がしたたり落ちていきます。

 

まわりをじっくり焼きながら中はレアを目指します。

 

どうですか?美味しそうに焼けました。

 

早速塩で頂きます。

 

肉の柔らかさと肉汁が口いっぱいに広がってメチャクチャこれもマイウーです。

肉が厚いのでボリュームが結構あります。

 

あわび茸も濃厚なキノコの味で美味でした。

 

ここままでかなりお腹いっぱいですが、ごはんです。

 

大好きなあさりごはんです。

 

ここで炊いていたので、蒸らしもふくめて30分ほどかかりましたが、そのかいもありあさりの味とごはんの美味しさがMIXされて凄く良いお味でした。

味噌汁とおしんをお供にあさりごはんもたいらげました(笑)

 

最後にデザートです。

 

イチゴと、

 

ねり切りと、

 

オーロラカスタードで、

 

中身はこんな感じです。

ちなみに食事どころは

このような感じでした。

 

まだ人は少なかったですね。

 

ドリンクメニューは結構豊富でした!

 

私はビールしか飲んでませんが、

 

色々あって、

 

楽しめます。

 

もちの木の朝食は?

こちらは朝食です。ざ、旅館の朝食といった感じでした。

 

朝から種類も量もがっつりありました。

 

サラダと納豆、卵はなどはこんな感じ用意されてます。

 

魚は前日の夕食時に数種類から選びます。私はえぼだいを選びました。

 

朝食もご飯はかまど炊きです。

 

これは美味しいですよー!

 

こちらは、

 

茶碗蒸しです。

 

こちらは、

 

煮物です。

 

味噌汁もつきます。

 

デザートはメロンと、

 

ヨーグルトです。

 

全体はこんな感じ。

 

朝もおしながきがありました。

 

朝からお腹いっぱいです。外は晴れてます。

夕食も朝食も大満足でした。

ただ、子供とかだとこの和食はつらいかもしれないですね。

お子様セットみたいなのがあるかもしれません。

 

もちの木の宿泊費は?

大人3人で61,500円(入湯税込み)でした。

大人で一人2万円前後になると、やはり宿のレベルが上がるのを実感しました。

 

養老渓谷の観光

ここで観光のご紹介です。

 

養老渓谷でもメジャーな粟又の滝を観に行きました。こちらが入り口になります。

 

ちょうど滝見苑という宿の向かい側になります。

 

下りのスロープを降りていきます。

 

雨の日は滑りそうなので注意が必要です。

 

途中から下りの階段になります。

 

下から見るとこんな感じ。

 

粟又の滝遊歩道の全体図です。ところどこ自然災害で行き止まりになっているので注意してください。

粟又の滝の近くは特に問題ないです。

 

滝から川下方面をみています。

 

こちらが粟又の滝です。写真で伝わりにくいですがかなり雄大な滝でした!!

木々にも囲まれてかなりのマイナスイオンを浴びれました(笑)

 

前日雨が降ってたので水は濁っています。

 

帰りに粟又の滝の入り口の並びにある「YAMANEKO」というカフェに寄りました。

 

スタンダードなアイスクリームを頂きました。自分好みの濃さで美味しかったです。

 

外観はこんな感じ。おしゃれ~!2階席もあるので眺めはいいです。

 

おみやげ

今回は近くの道の駅でイチゴを購入しました。これで800円しないくらいです。

 

1個がかなり大きいです。

 

卵と比べると大きさがわかります。

味もかなり甘くて当たりでした!!

 

渓谷の別邸 もちの木に泊まって温泉も食事も最高だった話のまとめ

いかがでしたでしょうか?

食事も温泉も高いレベルで満足できる宿でかなりおススメです。

連れて行った両親も凄く喜んでました。特に温泉が最高とのこと。

これから旅行に出掛ける方が多くなると思いますが、是非検討してみてください。