【G.H.BASSローファー】スタイルがカッコイイ!ロールアップにも最適なG.H.BASSローファーウォルトン(WALTON )を購入

ファッション,

こんばんは、物欲です。

今日ご紹介するのは、ロールアップのスタイルにも最適なあのマイケル・ジャクソンも御用達にしていたG.H.BASSのローファーのご紹介です。

 

 

G.H.BASSローファーウォルトン(WALTON) の購入目的

ローファーが欲しくて、探してました。普段はスニ―カーが多いのですが、革靴も欲しくなり普通のだとちょっとフォーマルになってしまうのでちょっとライトなローファーに目を付けました。

ローファーももちろん色々なブランドから出されているの大いに迷いましたが、コストパフォーマンスがよさそうな、G.H.BASSのローファーにすることにしました。

バス ローファー ジーエイチバス ウォルトン バーガンディー G.H.Bass WALTON BURGUNDY メンズ シューズ ローファー

 

G.H.BASSとは

1876年にアメリカで創業した老舗の靴メーカーです。1960年代には、アイビースタイルには必須のアイテムだったそうです。

さきほど、軽くふれましたがマイケル・ジャクソンも愛用してたのことです。

・Michael Jackson “Billie Jean” 1983

 

・Michael Jackson “Billie Jean” 30th Anniversary

 

・楽天 ローファラーランキング(メンズ)はこちら!
⇒楽天 メンズ ローファーランキング 検索結果

・楽天 ローファラーランキング(レディース)こちら!
⇒楽天 レディース ローファーランキング 検索結果

 

G.H.BASSローファーウォルトン(WALTON)の詳細

G.H.BASSのローファーでお手頃な戻るとして、LARSONとWALTONがあります。大きな違いとしてソールがLARSONが革製でWALTONがゴム製です。

 

これは好みと用途によりますね。自分の用途としては通勤にガンガン利用することが前提なので、ゴムソールであるWALTONを選択しました。そして色は自分が好きなBURGUNDY(ワインレッド)にしました。

 

型崩れ防止の棒で支えられてました。

 

ノーズのアップです。形が綺麗です。

 

値段の割にいい感じです。

 

ヒール部分です。そんなに高さはローファーなんでありません。

 

サイドからです。

 

正面からのスタイルが綺麗です。

 

ここにコインを入れるのがアメリカでは流行っていたそうです。

 

こちらがソール部分になります。ヒールと中央がギザギザした滑りにくいゴムになっているので、突然の雨でも安心です。

 

G.H.BASSローファーウォルトン(WALTON)のサイズ感は?

色々なレビューを見ると、1サイズ上がいいとか、下がいいとか様々な意見がありました。とりあえず、その中間をとって、いつも履いてるサイズ26.5~27.0cmである9Dを注文しました。※ちなみに普段履いているコンバースなどは27cmで、素足の実寸は26cmちょっとです。

届いて履いてみたら、大きすぎて歩くたびにかかとからしゅぽしゅぽ音がします(笑)。これはマズイと思ってすぐに返品して、8.5Dにしました。今度はジャストサイズぐらいになりました。が、後から履いてて思いましたが、1cm下げて8Dがベストだったかもしれません(ちょっときついと感じるぐらいが良いかも)。

やっぱり、普段のサイズ感より0.5cmから1cmサイズ下げるのが正解のような気がします

いずれにせよ試着できるショップが近くにある方は、試着をおススメします。

 

G.H.BASSローファーウォルトン(WALTON)のおススメ度

星4つ

まだ、本格的に履いてないのでこの星です。見た目てそのコストパフォーマンスには満足しているので、あとはじっくり履いてみてまたレポートしたいと思います。

これからの季節にあなたもローファーはいかがでしょうか?

・G.H.BASS WALTON

 

・G.H.BASS LARSON

 


PAGE TOP