【Hydee.Ⅱ(ハイディーツー)2017年モデル】おしゃれパパ・ママ必見のHydee.Ⅱ新モデルは限定色がオシャレ♪

物欲, 自転車

 

こんばんは、物欲です。

最近自転車の整備をするようになって、久しぶりにHydee.Bの最新モデルをチェックしました。すると、名前もHydee.B(ハイディービー)からHydee.Ⅱ(ハイディーツー)に変更されており、スタイリッシュな外観はそのままに3人乗りに対応してますね。純正品の前席シートも用意されており、よい進化を遂げてました。

で、2017年のHydee.Ⅱの限定モデルがすごくオシャレだったのでご紹介します。

・過去のHydee.B関連記事

Hydee.Ⅱ(ハイディーツー)の2017年モデルの限定色はこれ

2色ありまして、まずはアイボリーです。

アイボリーの暖かみのある色はいいですね。タイヤにも白いラインが入っていてオシャレです。

 

次にブラウンです。

実物はみてませんが、艶消しのようにも見えるブラウンで渋くて男性にも受ける色でになってます。

 

・電動自転車3人乗り 人気ランキングはこちら!
⇒電動自転車3人乗り 人気ランキング 楽天検索結果

 

Hydee.Ⅱ(ハイディーツー)のバッテリー性能は?

当たり前ですけど、Hydee.Bと比較するとかなり進化してますね。ちなみに私のHydee.Bのバッテリー容量は8.7Ahなので1.5倍ぐらいにはなってますね。これだけの容量があれば、普通の送迎などの利用では一週間くらいはなんの問題もなく持ちそうですね。

 

Hydee.Ⅱ(ハイディーツー)の2017年限定モデルの価格は?

税抜き149,800円です!結構高く感じるかもしれませんが、約7年くらい前に私が購入したHydee.Bもまだまだ大活躍してくれてるのでコストパフォーマンスはいいですよ。

なんといってもまだまだ古臭くなくてオシャレな感じが気に入ってます。

もし電動自転車の購入を考えている方、お近くの自転車さんでHydee.Ⅱの実物を見て頂きたです。きっと気に入りますよ!

 

Hydee.Ⅱ(ハイディーツー)の2017年モデルのまとめと購入のコツ

今年の限定色はいかがでしたでしょうか?

色展開がたくさんあると迷ってしまいますが、選ぶのも結構楽しいですよ。

たまに艶消しモデルとかもあったりしますが、そのようなモデルを選ぶ際はお近くの自転車屋さんで実物だけは確認することをおススメします。

質感が想像と違う場合おあるので。

あと購入場所に関しては、このような限定モデルの場合、お近くの自転車屋さんにないこともあるかと思います。

そのような場合、インターネットで購入することになるかと思うのですが、今後のメンテナンスなども考えると、インターネットで購入することに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、安心してください(笑)。

インターネットで購入した自転車でも、トラブル時は普通に近くの自転車屋さんで診てくれます。

私も、この6年ぐらいで前後のタイヤ裂けて交換を行ってますが、近くの自転車屋さんで問題なくできました。

なので、最初の購入費を抑えメンテナンス費用にあてるためにも、インターネットでなるべく最安値付近の信頼できそうな自転車ショップで購入することをおススメします

 

 

・2017年限定モデルはこちら

 ・通常モデルはこちら

・前後シート付き(3人乗り)セット

・おススメの電動自転車


PAGE TOP