【HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wp】やっぱり車内でテレビが見たい!テレビが見られるファーウェイのタブレットを購入した話

家電, 物欲

こんばんは、物欲です。

今日は、テレビ(フルセグ)が見られる10インチタブレットを購入したのでご紹介します。

タブレットに関しては、既にAmazonの7インチタブレットを所有しています。

ではどうして新しいタブレットを購入したのか???

1番大きな理由は、

車内でテレビを見たい

です。

やはり、車ではテレビが見れるのが前提でその上でAmazonプライムを使って映画を観るわけで、テレビを見る部分がどうしても埋められなくてなんとかしたいと思っていたわけです。

また昨今画面サイズが大きいタブレットも安くなってきており、7インチタブレットから画面サイズも大きくしたかったのもあります。

以上の理由により、色々探してテレビが見られる大きなタブレットを購入したので、同じように車内用のテレビを探している方、もしくは自分の部屋やお風呂場、災害時の緊急用にテレビが欲しいと思っている方には参考になると思いますので是非ご覧ください。

 

 

購入したのはファーウェイの10インチタブレット

だいたい半年ぐらい色々探して最終的に購入したのがHUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wpです。

昨今、色々話題になっているファーウェイのタブレットを何故買ったのか?

答えは簡単で

テレビを見られる現行品のタブレットはファーウェイしかない

からです。つまりテレビを見られるタブレットを欲しいと思ったらファーウェイしか選択肢がありません。そういうことです。

複数のメーカーから出ていれば比較のしようもありますが選択肢がありません。

色々ハーウェイに関しては言われていますが、このタブレットの機能、性能面だけみると凄くコストパフォーマンスが高いです。主な特徴としては、

・地デジチューナー搭載(フルセグ・ワンセグ)

・クアッドスピーカー Harman Kardon チューニング

・約10.1インチ / 1920×1200(WUXGA) / 約224ppi

・指紋認証センサー

・防水・防塵(IP67等級)

などの機能があります。

これだけテンコ盛りで実売価格3万円です。

こんなのハーウェイ以外作れないじゃない?ってくらい安いです。

普通にタブレットが欲しいだけなら10インチになった新型のipadに惹かれますが、如何せんテレビは付いてませんから・・・。

もちろん外付けのテレビチューナーや中古のソニーやシャープから過去に出ていたテレビが視聴できるタブレットも検討しましたが、購入には至りませんでした・・・。

やはりテレビチューナー内蔵型で新品のタブレットが良かったので。

それではHUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wpの詳細をご説明します。

 

HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wpの詳細

それでは詳細をご紹介します。今回はAmazonのセールで購入しました。

 

箱を開けるとタブレットのハコが見えます。

 

こちらがHUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wpになります。箱には水滴の写真があります。さらっと防水アピールでしょうか(笑)

 

harman/kardonのログもついてます。

 

箱の裏には製品特徴の記載があります。

 

箱を開けると本体があわわれます。

 

そして本体の下には空間があり、

 

アダプターとケーブル類が入ってます。

 

で、こちらが同梱物です。繰り返しになりますが、電源アダプターとケーブル、そして黒いケーブルがテレビチューナー用のアンテナになります。

 

そしてこちらが本体です。

 

microSDなどの挿入口の説明図が印字されてます。

 

音量の調整と電源ボタンの位置のも印字あります。

それでは本体の外観の詳細をご紹介します。

外観

こちらが本体になります。10インチなのでやはり大きいですね。

 

角の部分です。

 

こちらはmicroSDとか挿入する側です。

 

こちら側には、電源、音量調整ボタンが並んでいます。

 

裏面ですね。凄くシンプルです。カメラもありますね。タブレットのカメラはほとんどつかいませんが。

もう少しベゼルが細くてもいいような気もしますが、まぁこんなものでしょうか。

ちなみにサイズは幅:約 248 mm 縦:約 173 mm 厚さ:約 7.8 mm 重さ:約465 gとなります。

 

セットアップ

セットアップをしてきます。感覚的にはアンドロイドのスマフォとほぼほぼ一緒です。

 

電源入れると、HUAWEIのロゴが出てきます。スマフォと一緒ですね。

 

次に言語選択を行い、

 

利用規約に同意します。

あとはGoogleアカウントとの紐づけなどを行えばセットアップは終了です。スマフォよりもより簡単ですね。

 

ケース

せっかく買ったタブレットを丸裸でもつのもあれなんで、ケースを購入しました。購入したのは、こちらのケースです。

ケースと液晶の保護シートがセットになっています。

 

こんな感じで送付されてきました。

 

こちらがケース本体になります。色は黒です。

 

カバーを外した感じです。結構質感高いです。

 

こちらが同梱物一式になります。

 

見えにくいですが、液晶ディスプレイの保護シートもセットになっています。

 

ちなみに黒いペンのようなものは、タッチペンになります。

 

アップです。

 

こちらがケースの内側アップです。

 

続いてこちらが外側の写真になります。かなりブラックで気にいってます。

 

ケースを付けるとこんな感じです。

 

特に違和感もなくピッタリケースに収まります。

 

角部分おアップ。やはりカチッとはまってます。

 

他の部分の角も収まりが良いです。

 

ちゃんとスピーカーの所に穴が空いてます。

 

横からみた感じです。

 

サイズ感がちょうどよいのが伝わりますかね?

 

こんな感じ立たせられます。

 

もちろん角度を調整して

 

たんだんと

 

寝かせるぐらいの角度まで調整できます。

 

HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wpの使い心地は?

使い心地を以下の3点でまとめていきます。

フルセグはどうか?

付属のアンテナ使えば、家の中でも問題なくフルセグの視聴ができます。あくまで私の家の立地での話ですが、住環境に左右されると思ってます。

 

車でのフルセグ視聴はどうか?

1番の目的でも車内でも使用しましたが、やはりそれなりのスピードで走ってるとフルセグの電波をとらえるのが難しくワンセグに切り替わることが多いですね。

そういう意味でいうとフルセグが無理な場合でもワンセグが映るので、テレビを車内で見れるようにするという目的は達成できました。

ちなみにタブレットが10インチになっても以前ご紹介したiKrossの車載ホルダーで対応できました。なにげに3年くらい使ってますがまだまだバリバリです。

 

サウンドは?

サウンドに関しては、流石Harman kardonという感じでしょうか?

タブレットから出す音がかなり良いです。

 

バッテリーの持ちは?

さすが、6660mAhの大容量バッテリーなので持ちます。用途がそんなに激しくないのも要因かもしれませんが・・。

 

HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wpのまとめ

いかがでしたでしょうか?

とにかく、車や緊急時などに必ずテレビが見たいという方にはかなりおススメのタブレットです。

なんといっても地デジチューナーが内臓されていることが、私的にはアピールポイントだと思いますので、是非興味のある方はご検討ください。

 

 


PAGE TOP