【コールマン クーラーボックス ポリライト48QT】これ1個で1泊2日のキャンプも余裕~♪使い易くてコスパもいいクーラーボックスはいかが?

アウトドア, 物欲

こんばんは、物欲です。

今日はこれからのバーベキュー、キャンプシーズンにはなくてはならないクーラーボックスをご紹介します。

キャンプやバーベキューに行く方に質問ですがどのくらいの大きさのどのようなタイプのクーラーボックスを使ってますか?

私は今まではソフトタイプのクーラーボックス使ってかつキャンプでは一緒に行く方のクーラーボックスに頼ってましたが、この度ひとり立ちするべく購入することにしました(笑)

ちなみに今まではサーモスのソフトクーラー20ℓタイプを使ってました。ちょっとしたお出掛けや旅行、買い物の保冷などには大きさがちょうど良く使い勝手はいいのですが、キャンプのクーラーボックスとしてはやはり小さいですね。

なのでこれからキャンプやバーベキューでクーラーボックスの購入をご検討している方は是非ご覧下さい!

 

 

どんなクーラーボックスを購入したのか?

まず要望としては家族4人が1泊2日のキャンプでも対応できる容量のクーラーボックスです。もちろんなるべく低価格で笑

この条件で探した結果、以下の2つの製品でした。

・FIELDOOR

・コールマン

で、結論から言うとコールマンのクーラーボックスにしました。

コールマンにした理由は、ふるさと納税の返礼品にしている自治体があったので、寄附でゲットできたからです。ちなみに今年は昨今の流れで返礼品として無くなってしまいましたが長野県小谷村の返礼品でした。

先日ご紹介した、コールマンのカーゴも小谷村の返礼品でしたので非常に残念です。

【ふるさと納税 コールマンアウトドアワゴン】ふるさと納税で初めて食品以外をゲット!子供も乗せれるワゴンはいかが?

それではコールマンのクーラーボックスの詳細をご紹介します。

 

コールマンクーラーボックス ポリライト48QTの詳細

こんなダンボール箱で届きました。

開けるとダイレクトにクーラーボックスです。

色はレッドです。レッド好きなんですよね。ブルーより好みです(笑)

 

大きさは48リットルで2リットルのペットボトルが12本入る大きさです。つまりかなり大きめですね。

 

外側の上部には飲み物を置くときのくぼみがあってちょっとしたテーブル代わりにも使えそうです。

 

中には特に凹凸などはなく、

 

水を抜くための栓があります。

 

あと開閉部には特に留金などはありません。押し込んで閉めるとしっかりと閉まる構造です。

 

留金がないので甘く閉めてしまうと冷気が逃げてしまうので要注意です。その分、開閉の利便性は良さそうです。

 

コールマンのロゴもしっかりあります。

 

裏側は4隅のでっぱり以外は平らです。

 

こんな感じのでっぱりです。

 

一応、使用上の注意も入ってました。

こちらが蓋の裏部分です。蓋自体はしっかりしてますね。

 

蓋にもコールマンロゴがしっかりついてます。

 

コールマンクーラーボックス ポリライト48QTの特徴

特徴をざっくりまとめます。

まずはドリングフォルダーですね。4つのドリンクを置くことができます。ちょっとしたテーブル代わりに利用することができます。

 

後は大きな取っ手のハンドルが付いてます。キャスターは無いですがかなり持ちやすいです。

 

そして表面がなめらかなので汚れがついても簡単に掃除できます。メンテナンス性は重要ですよね。

 

コールマンクーラーボックス ポリライト48QTの性能は?

実際使ってみるとこちらに記載がある通り、1泊2日ぐらいでは余裕で氷も残ってました。季節にもよりますが、保冷機能には満足しています。

また、留め金が無かったのでちゃんと保冷されるか心配でしたが大丈夫でした。それよりも使い勝手よくて良かったです。

 

コールマンクーラーボックス ポリライト48QTのまとめ

いかがでしたでしょうか?

クーラーボックスもホームセンターなどもっと安い製品もありますが長い目でみるとそれなりの物を購入したほうが間違いはないので、そういう意味でもコールマンのこのクーラーボックスはおススメです。

 

・合わせて購入したい保冷材はこちら

 


PAGE TOP