【もりのゆうえんち】親子4人で5,600円!幼児が楽しめるユルイ遊園地はいかが?(千葉のもりのゆうえんち)

お出かけ, 旅行

こんばんは、物欲です。

今日は、春休みにはもってこいの遊園地のご紹介です。

特に、こんなことを考えていらっしゃる方には朗報です。

最近の遊園地は高すぎる!

都心から近いほうがいい

幼児連れだと遊園地にいってもほとんど乗れるものがないので損した気分

などで、普段自分が考えていたことを解決してくれる遊園地がありましたのでご紹介します。

 

千葉のもりのゆうえんちとは?

都心からいくと首都高速から常磐道に入り流山ICを降りて30分もあればいける遊園地になります!

日頃疲れたアラフォー世代には、この時点で優しい遊園地です(笑)

駐車料金も無料です。

アトラクション的には大人には物足りないと思います。はっきり言って。ですが幼児には十分なアトラクションが用意されています。

⇒もりのゆうえんちホームページ

 

 

もりのゆうえんちのアトラクション

全部で15のアトラクションがあります。

いわゆる若者向きではありませんが、低刺激の様々種類のアトラクションがありますので幼児には十分楽しめるはずです。

後で、幼稚園児が選んだトップ3をご紹介します(笑)

 

もりのゆうえんちの料金

まず入園料は無料です。なのでアトラクション毎にチケットが必要になります。

チケットの種類として以下の種類があります。

種類 詳細 販売価格
回数券 100円券×11枚 1000円
単券 100円券 100円
一般フリーパス 3歳以上 2000円
親子フリーパス (3才~15才までのお子様1名
+16才以上の付添の方1名の計2名様分)
3200円

で、絶対フリーパスを購入してください。例えば幼児でも乗れる観覧車は、1回500円するので回数券だとすぐになくなります。

又、ホームページ限定のクーポンページあり、そちらのページをスマフォで見せるか印刷すれば割引になり、親子フリーパスは2800円になりますので非常にお得なので是非ご利用ください。

⇒クーポンページはこちら

フリーパスを購入するとこのような紙のストラップを腕に巻いてもらえます。

紙でできてますが、濡れても大丈夫ですしなかなかはずれない優れものです。

これをアトラクションに乗る際に、係員に見せればOKです。

それでは、ランキングの発表です。

 

もりのゆうえんち幼稚園児が選んだTOP3はこれだ!

それでは、幼稚園児が選んだアトラクションTOP3を発表します。

第3位:ジャイアントホイール(観覧車)

こちらは子供二人とも気に入り何回か乗りました。地上60mからの眺めは気分いいです。一周13分くらいです。

頂上付近からの眺めは、是非行ってご覧ください(笑)

 

第2位:カード迷路ぐるり森大冒険

簡単にアトラクションの説明をすると迷路とカードゲームが楽しめるアトラクションとなってます。

まず入り口でスタンプカードをもらいます。

スタンプカードを持って迷路の中をなぞ解きをしながらゴールを目指します。

なぞ解きコーナーは4か所くらいあって、正解だと思うスタンプを選んで押していきます。

そしてゴールでスタンプカードをお姉さんに出し、全問正解しているとコインをもらえます。

そのコインを使って専用のゲームコーナーに行くと、カード貰えバトルができる機械があるので、

ボタンを押して敵を倒すというゲームをします。

稀にカードバトルで勝利できるとカードを収納するケースが貰えます。家族全員で12回やりましたが一度も勝てませんでした(汗)

フリーパスを持っていると、MAX3回このアトラクションを楽しめます。

カードの種類はこんなにあるので、1回行っただけでは全然コンプリートしません(笑)

子供たちは、結構夢中になって迷路をやってカードをもらってゲームをやるを繰り返してました。

帰宅してからもカードで遊んでたのでかなり気に入ったようです。

 

第1位:宝さがしトレジャーコレクション

そして堂々の1位がこれです。トレジャーをコレクションできます(笑)

まず初めに、化石コースか宝石コースかを選びます。

それぞれ選ぶと砂が入ったバケツをもらえます。

その砂を網に流しこみ流水でトレジャーを選別するアトラクションです。

 

こんな感じで、最終的に財宝がゲットできます。

これ単純に砂を洗い流してるだけなんであまり面白みがないように思えるのですが、どんな財宝が出てくるのか考えると結構ワクワクしますよ。

子供も大興奮でした!

そして採れた財宝はこんな感じです。

左が化石で、右が宝石で結構色々なものが入ってます。

種類的には盛り沢山で、結構化石好きの子供は喜んでます。

なかなかこれだけの種類をそろえるのは大変ですからね。

ちなみに、このアトラクションはフリーパスで1回のです。

 

ちょっとブレイク:昼食はどうした?

園内にはレストランがありません。ですが、となりにイオンノア店があるのでそこに行って食べてきました。

イデカフェでランチをしました。

エビフライがGOODでした(笑)

 

もりのゆうえんちまとめ

ゆるいゆうえんちのもりのゆうえんちはいかがでしたでしょうか?

上で紹介した以外にも、大人にとってはなんか懐かしいアトラクションが色々あるので意外というか結構楽しめますよ!

ねずみーらんどもいいですが、たまには変化球でこのような遊園地に行ってみてはいかがでしょうか?

コスパは結構いいですよ~(笑)

 


PAGE TOP
Copy Protected by Chetan"s WP-Copyprotect.