【家庭用 プラネタリウム】子供も大喜び!自宅でプラネタリウム(大人の科学 新型プラネタリウムを作る)

家電, 書籍, 育児

astronomy-1867616_1280

こんばんは、物欲です。

冬になると空が澄んで星が見えやすくなりますよね。でもいつも見れるわけでもないし、そもそも街の光が明るすぎて見えませんよね。

今日は、自宅に居ながら満点の星空を眺められるプラネタリウムのご紹介です。

 

 

「大人の科学 新型プラネタリウム」の購入目的

私自身は元々宇宙とか星に興味があって、プラネタリウムとか見にいってました。で、子供も連れて行きたいのですが暗闇を怖がって行けてません。なんとかその状況を打破したく、家で練習するかと言うことで家庭用のプラネタリウムを探してました。

たぶん、製品として1番コスパが良さそうなが、セガトイズのHOMESTARClassic (ホームスター クラシック)です。流れ星機能までついててかなり惹かれますが、9,000円弱するので躊躇しちゃいました。で、このプラネタリウムは、プラネタリウム界隈では有名な『大平貴之』氏との共同開発による世界初の光学式家庭用プラネタリウムとの。そうだ!大平貴之が開発に携わったもっとお安いプラネタリウムを探したところ、大人の科学 新型プラネタリウムにいきつきました。

 

「大人の科学 新型プラネタリウム」の詳細

新型とあるので、当然旧型もあったこのプラネタリウムは、大平氏と大人の科学で作成したプラネタリウムの第2弾となります。この本は2013年に出版されています。そしてこの本に行きついた時には、在庫がなく購入できない状態でした。

で、最近たまたま本屋さんで、うろちょろしてた時に、これを見つけて在庫がある!!と思ったのですが、週末にでも買おうと一旦見送りました。その後、週末に本屋さんに行って売り場に行ったところ売り切れていました!!

ですが泣きそうになりながら、Amazonで検索したところ在庫があるじゃないですか~。今度は即ポチり逃がすまいと思いながら購入しました。大人の科学マガジン 新型ピンホール式プラネタリウム (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)

これが購入した本です。価格は3,600円。HOMESTARの半分以下のお値段です。

DSC_1801

 

 

完成イメージです。早く作りたいと思いました。機能的には、15分タイマーと自動回転する機能が入ってます。

DSC_1802

 

本当、この感じがいいですね。

DSC_1804

 

大人の科学 新型プラネタリウムの作り方

準備するもの

・ドライバー

・はさみ

・単二乾電池×2個

作り方

箱を開けてみるとこんな感じでパッケージされています。この部品は光源を組み立てる際に使用する部品です。

DSC_1809

 

こちらの部品は、光源をあてれて星を映し出す部分になります。

DSC_1810

 

説明書に従って部品を組み立てていきます。

DSC_1811

 

回転させるための部品です。

DSC_1812

 

歯車です。

DSC_1813

 

星を照らす電球のソケットです。

DSC_1814

 

ケーブルも綺麗にまとめます。

DSC_1815

DSC_1817

 

角度の調整が行えます。

DSC_1818

 

電池も用意!

DSC_1820

光源です。

DSC_1821

 

電球アップ!

DSC_1822

 

ここまで来れば、あとはもう一息。サクッと?組み立てます。

DSC_1823

 

 

この作業は想像以上に大変でした。1枚1枚に折り目をつける必要もあり、地味に辛いです。

DSC_1824

 

結局、完成まで2時間以上かかりました。汗 結構作りがいがあります。

「大人の科学 新型プラネタリウム」の使用感は?

基本的には満足しています。どこに照らすかを決めて、ボタンを押すだけなんで使い勝手はいいです。

DSC_2148

 

角度の調整が行えるので、天井や横の壁など自由に投影場所を選択できます。

DSC_2149

 

「大人の科学 新型プラネタリウム」のおススメ度

星4つ

DSC_2150

見えますかね?天の川(笑)

基本的には、満足していますが、タイマーの時間が短いことと、作成時間が結構かかることはどうかな?と思いました。もちろん個人差ありますが。

時間があるプラネタリウム初心者にはかなりおススメできると思います。

こちらは前バージョンです。


PAGE TOP