【Amazon fireTVStick4K】メッチャ進化してるfire tv stick 4Kはいかが?

2020年11月9日

こんばんは、物欲です。

今日は先日購入したfireTVStick4Kをご紹介します。

今まで2015年9月に購入した第一世代のfireTVStickを使ってAmazonプライムビデオを見てました。

それはそれで満足していたのですが、もう4年以上経過した第一世代の初期モデルだったので以下のような不満がありました。

・操作に対する反応がもっさりしている。

・検索方法が文字入力による検索手段しかなかったので面倒だった。

などなど不満がありました。

そのためこれらの不満を解消すべく更にこれらかの4Kテレビ購入を見越して、今回fireTVStick4Kを購入することにしました。

果たして今までのfireTVStickとどのような点が異なるのかレポートしたいと思いますので、fireTVStick4を買い替えや新規購入を考えている方は是非ご覧ください。

 

 

fireTVのラインナップ

まず現状のfireTVのラインナップからご紹介します。全部で3種類あります。

・fire TV Stick

一番スタンダードなモデル。これの第一世代を今まで使ってました。スタンダートモデルでもアレクサ対応や音量調整できる点はポイント高いですね。

・fire TV Stick 4K

今回購入したモデルです。

スタンダートタイプ(最大1080p (HD))と比較すると、4Kに対応している点が一番大きな差異です。

ちなみに対応している映像フォーマットは4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+です。

・fire TV Cube

赤外線通信も可能でテレビなどのハードウェアのコントロールも可能です。自分にはオーバースペックなので購入の対象外でした。

 

FireTVStick4Kの詳細

それでは詳細をご紹介します。

アレクサに対応しています。

 

アレクサ、4K、HDR、DOLBY VISON ATMOS、クアッドコア、802.11AC WIFIといったスペックになっています。

 

こちらがより詳細です。

 

アレクサに対応しているので声でのコントロールが凄いことになってます(笑)

 

こちらは同梱物の詳細です。後ほどご説明します。

 

動作環境です。

 

中身です

 

開けていきます。

 

こちら説明書ですね。

 

fire tv stick4Kです!!

 

パッケージ内容と使い方の冊子となります。

 

本体、リモコン、電池、電源ケーブル、電源アダプタ、HDMIケーブルです。なので開封後すぐに使えます。

 

あとはリモコンの説明ですね。自分の古いfiretvstickと比べると音声検索ボタンと音量調整ボタンができたのが大きな進化だど思います。

 

あとは特徴などの記載となります。

 

こちらが内容物の全体です。

 

リモコンが少し大きくなってます。

 

リモコンの裏です。

 

単4電源2本使います。

 

こんな感じです。もちろん電池はAmazonの電池が付属されています。

 

firetvstickと4Kリモコンとの比較です。長さが大きくなり幅がスリムになってるようです。

 

 

こちらが本体です。大きさはそんなに変わってないですね。端子部分をテレビのHDMIに挿して電源ケーブルを挿せば設置完了です。本当簡単です。

ちなみに我が家ではHDMI機器が他にもあるのでこちらのHDMI切替機を使ってます。

それではセットアップをしていきます。

 

FireTVStick4Kのセットアップ

早速テレビと繋いでみます。

 

言語選択して、

 

アカウント選択、及びネットワーク設定すればすぐに使えます。このあたり普段からタブレットとかスマフォとかをWIFI接続させている方なら簡単にできると思います。

 

FireTVStick4Kの使い心地

なんと言っても音声検索がメッチャ楽なのと、本体の処理速度が早いです。それと地味に音量調整ボタンが便利ですね。

・音声検索

まず音声検索に関して、今までの文字を選択して検索するより音声検索ボタンを押して検索するほうがメチャクチャ早い。

それと音声検索のお蔭でYoutubeなどのアプリでの検索も楽になったのでテレビでYoutubeを観るようになりました。

・処理速度

これはネットワーク環境をいじってにないので単純にハードウェアの向上によるスピードアップですね。具体的にはメニュー間の画面遷移が明らかに早くなりました。今までちょっと待たせてる感じがありましたが、ヌルヌル画面遷移してくれてストレスが全くありません。

・音声調整ボタン

これ本当地味に便利なりました。今まで音声を調整するにはテレビのリモコンを用意して調整する必要がありましたが、今回からは音声調整ボタンも搭載されているのでリモコンが1つに集約されていて楽です。特にYoutubeとか見てると動画によって音量がマチマチだったりするので凄く便利になりましたね。

 

FireTVStick4Kのまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回第一世代のfiretvStickからの乗り換えでしたが、進化を凄く感じました。

ただし、まだうちのテレビが4Kテレビではないので4K画質を試せてないのが残念ではありますが、テレビを買い替えましたらまたご報告したいと思います。

Amazon会員の方は無料でAmazonプライムビデオを観れるので是非ご検討ください。

fire tv stick4K