【千葉 犬吠崎旅行】犬吠埼灯台で観光し犬吠埼ホテルでプール&温泉を満喫し銚子マリーナ海水浴場で海水浴した話

お出かけ, 旅行

こんばんは、物欲です。

今日は8月に行った犬吠埼旅行のご紹介です。

実は去年も行って2回目になります。

1回目はこちら

 

で、今回は夏ということで銚子の海やプールで楽しんだので、銚子犬吠埼方面への旅行をお考えての方は、是非ご覧ください!

 

 

道の駅 発酵の里こうざきに立ち寄る

今回は国道6号線で茨城方面に向かい、利根川沿いの道を延々と走り、河口である銚子まで行くルートにしました。銚子まで行く途中にある道の駅でまずは休憩します。

 

立ち寄ったのは、道の駅発酵のさとこうざきです。

利根川沿いを走ると、銚子に着く前に2か所ほど道の駅ががありますが、そのうちの1か所となります。

 

こちらの道の駅で驚いたのが、写真にあるような刺身ですね。まだ海まではちょっと距離がありますがお刺身が充実してました。そして野菜などもかなり安かったです。

 

鳥の巣もあったりしました。

 

こちらの道の駅の特徴としてはネーミングにもあります発酵食品を取り扱っている
専門店があります。

味噌やお酒など様々な商品がありました。うちの子供たちはヨーグルトを購入して食べてました。

疲れた時は道の駅。休憩にいかがでしょうか?(笑)

 

犬吠埼灯台

前回はスキップした犬吠埼灯台に来ました。

 

日差しが強すぎて曇ったように映ってます。

 

こちらが犬吠埼灯台の入り口になります。

 

入り口です。

 

入り口には白く塗られた郵便ポストもありました。

 

本当に空の青色と灯台の白色のコントラストが美しかったです。

 

ここから入ります。

 

入場して灯台のましたから撮ってみました。大きいです。

 

中央が灯台を登る階段の入り口、サイドにあるのが資料館の入り口です。

 

犬吠埼灯台の下の資料館

灯台の1階は資料館のようになっています。

 

船の模型です。

 

犬吠埼灯台に上る

こちらの入り口から上ります。

 

階段はこのように狭く急で100段弱あります。

お年寄りやお子さんが上る場合は、十分な注意が必要です。

ちなみにエレベーターはありません。

私は下の子を抱っこして上ったので後半もの凄く息が上がりました(笑)

 

途中にはこのような小窓がありましたが、見ている余裕はありませんでした。

 

ひたすら上ります。途中下ってきている方とすれ違いましたがギリギリの幅です。

上まで上るきると最後に鉄の階段があるのですが、そこは1人しか上り降りできないのでちょっと待ちが発生してました。

 

階段を上りきると灯台の光の光源の機械があります。

 

犬吠埼灯台からの眺め

どうですかお客さんと言いたくなるぐらい綺麗な眺めです。

 

眼下の海岸です。

 

街方面ですね。

 

ちなみに右上のほうに見えるのが、宿泊予定の犬吠埼ホテルです。

 

こちらは犬吠埼灯台の駐車スペースです。手前に10台ぐらい奥にも何台か停められる無料の駐車スペースです。

 

いや~犬吠埼灯台からの眺めは最高です!!但し、風が強いので帽子とか飛ばされないようにご注意下さい。

 

犬吠埼灯台の資料館その2

もう一個別棟に資料館がありますのでそちらも見学します

その前に犬吠埼灯台の周囲の海を撮影しました。

 

大きいです!!

 

こちらが資料館の中ですね。

 

以前の灯台で使われていたレンガが展示されています。

 

そしてこちらは以前使われていたレンズですね1等レンズということで最大サイズのレンズだそうです。近くで見ると本当大きいですよ。

 

その他にも灯台にまつわる資料や歴史が多く展示されています。

 

1等レンズに比べると小さめな3等レンズです。

 

船の誘導に関する説明など、かなり分かりやすい資料が多かったです。

 

1等レンズを2階から撮影した写真です。大きさが伝わると思いますが、本当大きいです。

この光で船は衝突することなく航海できていたんですね。

ということで、犬吠埼灯台を満喫した後、犬吠埼ホテルに向かいます。

道のりとしては犬吠埼灯台から5分程度です。

 

犬吠埼ホテルに泊まる

今日の宿は絶景の宿 犬吠埼ホテルです。

場所はこちら

 

外観は結構歴史を感じさせてくれます。

 

ホテルの隣にはチャペルがあって結婚式を挙げることができます

 

ちょうど夕日が沈むころでイイ感じにチャペルが見ました(笑)

 

チャペルの左横にはこんな感じの建物があります。なんだと思いますか?

 

ちょっと寄ってみましょう。なんか白黒の動物が見えますね。

 

答えはペンギンの水槽でした。結構近くで見れて可愛かったですよ。

 

本当可愛いですね。

 

全部4頭ぐらいはいました。

ちょっと癒されたところで早速ホテルの中に入ります。

 

犬吠埼ホテルのロビー

入り口から中に入るとこんな感じです。

 

左側にはフロントがあります。

 

お約束の写真スポット。

 

ちょっとしたアクセサリーも売ってます。もちろんこれとは別に売店もあります。

 

犬吠埼ホテルの客室

プラン的にはファミリープラン的なものだったので特に部屋とかにはこだわってないです。

プランも季節によって違いますし、食事や宿泊するお部屋のタイプによって異なります。プランの詳細はこちら。

 

ちゃんと縁側の領域もありますよ。

 

眺めは2階だったのでイマイチでした。まあ、小さい子がいるので、1階に客室がない2階はいいんですけどね。

 

天井(笑)

 

テレビ。

 

金庫。

部屋も全体に古さは感じましたが、掃除は行き届いていたので快適でした。

それでは早速プールに入りにいきます。

 

犬吠埼ホテルのプール

温泉の脱衣場で水着に着替えて早速プールに入ります。

ご覧の通り太平洋が一望です。

プールの水も温泉?で暖かく良かったですよ!

我々の他にも多数の方がプールを楽しんでました。

 

犬吠埼ホテルの温泉




犬吠埼ホテルのお風呂はかなり良かったですよ。

こちらの画像のように露天風呂が充実してました。寝転がって入れるジェットバスは最高ですね。

それではいよいよお楽しみの夕食をご紹介します。

 

犬吠埼ホテルの夕食

早速、夕食を頂きま~す。

 

先付ですね。

 

こちらがお刺身の盛り合わせですね。

 

金目鯛も入ってて美味しかったです。

 

こちらはサンマの鍋的な料理です。自分はあまり得意じゃなかったです。サンマがなんかあまり煮ることが出来ず旨いと感じませんでした。

 

あとはお肉です。美味しく頂きました。

 

こぶ締めですね。

 

結構最後のほうにご飯と汁ものが出てきました。もう少し順番考えて欲しい感じです。それかおひつを置いておくとかですかね。メインのおかずが食べ終わった後にこれだけ出てきてもな~って感じでした。

で、デザートまで食べれないと定員さんに行ったら別途お部屋に持っていくのでお部屋でお食べ下さいと提案されたので部屋で頂くことにしました。

 

犬吠埼ホテルの幼児の夕食

あ!これ幼児の料理です。かなりボリュームありましたよ。

 

ちょっと花火をしに行く

ちょうどプランに花火が付いていたので、バケツとチャッカマンを借りて花火をしに行きます。

 

途中プールが営業していてまさにナイトプールでした。そんなにギャルはいませんでしたが(笑)

 

夜の犬吠埼灯台です。流石に綺麗ですね。

 

花火を終えて部屋に帰ると、デザートが用意されてました。

ちゃんとラップがされていて、心遣いは凄く良かったですね。

 

丁度花火をしたら散歩をしたりして小腹がすいたので良かったです。

美味しく頂きました。

いよいよ、翌日は海に行きます!

 

銚子マリーナ海水浴場

犬吠埼ホテルから15分くらいいったところにある銚子マリーナ海水浴場に行きました。

場所はこのあたりです。

 

この海水浴場は初めて行きましたが、家族連れにはかなりおススメです。

 

おススメな理由は、見て下さい!結構綺麗じゃないですか、海が。

 

波もかなり穏やかです。

 

8月前半に行きましたが、そこまで混んでないのも良かったでした。

 

又、若者が多くないのでファミリーには落ちついて楽しめるのが凄く良かったです。

 

テントも設置しました。

但し、シャワー室などはないので無料のシャワーコーナーや海の家に料金払ってシャワーを使うしかないです。そのあたりは注意です。

とはいえ、駐車場も無料で結構広かったことなど鑑みると、結論としてまた来年も来たいねという話なったのでみんな満足してました(笑)

 

犬吠埼灯台で観光し犬吠埼ホテルでプール&温泉を満喫し銚子マリーナ海水浴場で海水浴した話のまとめ

いかがでしたでしょうか?

やはり印象的だったのは犬吠埼灯台銚子マリーナ海水浴場ですね。

特に銚子マリーナ海水浴場は来年もリピしたいと思ったので。

犬吠埼灯台は眺めが最高です。階段はキツイですが・・・・。

犬吠埼ホテルはやはり前回宿泊したぎょうけい館と比べるとあれですが、スタッフの感じは良かったですよ。値段もそこそこで泊まれるので。

都内からもそこまで遠くないので、みなさんも千葉犬吠埼の旅行はいかがでしょうか?

 

【じゃらん】千葉九十九里と銚子の宿泊施設一覧

 


PAGE TOP
Copy Protected by Chetan"s WP-Copyprotect.