【箱根園水族館】箱根で水族館?芦ノ湖のほとりにある水族館に行った話

お出かけ, 旅行

こんばんは、物欲です。

今日は、前回の箱根の森ガラス美術館に引き続きの後編で水族館に行った話をご紹介します。

箱根は子供のから親に連れられて行ってましたが、箱根で水族館に行った記憶がなかったです。今回は、当初は彫刻の森美術館に行こうと思ってたのですが、あまりの暑さのため外の活動がメインになる彫刻の森を直前で断念しました。

で、じゃ~どこいく?ってなって色々検索した結果、屋内で涼しそうな子供が楽しめる水族館があるじゃないですか~ということで芦ノ湖のほとりにある箱根園水族館に行きました。

行き当たりばったりで無計画な私にブチ切れしている妻たちを引き連れて行った水族館はどうだったのか?是非ご覧ください(笑)

 

 

ちょっとその前に彫刻の森では昼食を食べる

そもそも彫刻の森に入るはずでしたが計画変更になりました。

そこで、とりあえず昼食をとろうということで、園内に入らなくても入れるレストラン彫刻の森ダイニングにINしました。

窓際の席に通されると、ご覧の通り結構眺めが良くて良かったです。ただ暑かった・・・。

みんなお腹が減っていたので早速注文します。

 

私が頼んだのは、調理長手作りの看板メニューでもある「シーフードカレー(1,300円)」を注文しました。

 

見た目からしてかなり食欲誘います(笑)

 

シーフードカレーなので、魚介もたっぷり入ってます。

味は奥行きがあってちょい辛めで流石看板料理だけあって美味しかったです。

子供はお子様ランチ的なやつサンドイッチなどを頼んでましたが、みんな満足してました。

お腹いっぱいになったところで、水族館に向かいます。

 

箱根園水族館の基本情報

それでは箱根園水族館の詳細をご紹介します。

場所

箱根園水族館は、プリンスホテルが運営する複合リゾート施設である箱根園の中にあります。

場所はこちらになります。

交通機関(箱根園HPより)

東名高速道路厚木I.C.から小田原厚木道路経由で52km(平常時約1時間)
東名高速道路御殿場I.C.から乙女峠経由で24km(平常時45分)
小田原方面からのアクセスは、箱根新道の利用が便利です(2011年より通行無料となりました)。

バス

小田急箱根高速バスで新宿駅西口から平常時2時間25分、「箱根園」下車
小田急箱根高速バス(時刻表・運行状況など)はこちら

電車

東海道新幹線小田原駅から伊豆箱根バスで1時間20分
小田急ロマンスカー箱根湯本駅から伊豆箱根バスで1時間5分

駐車場のご案内

駐車台数/乗用車312台、バス15台
駐車料金/乗用車¥1,000/回 二輪車¥400/回、マイクロバス¥2,000
*大型バスは無料

 

営業時間&入場料

営業時間9:00A.M.~5:00P.M.(最終入館は閉館40分前まで)
※季節により営業時間が変更になる場合がございます。

入場料(税込)おとな/¥1,500 、こども(4才~小学生)/¥750

こちらのページを印刷すれば割引額(大人200円引き、子供100円引き)で入場できます。

また駒ヶ岳ロープウェイとのセット券なども販売しているので、ロープウェイも利用される方は是非チェックしてみてください

 

箱根園水族館の詳細

箱根水族館は3つの館で構成されてます。(箱根園水族館HPより)

館内マップ

入場口が海水館にあるので、海水館から入り、淡水館、バイカルアザラシ広場を見学する感じ周ります。

 

海水館

それでは、海遊館からご紹介します。中に入ると巨大な水槽が出迎えてくれます。

 

船なんかも沈めてあって様々な魚が泳いでました。

 

水槽の周りがぐるっと通路になっているので見応え十分です。

 

色々な角度から見ることができます。

 

天井見上げるとサメがいました。

 

これ見上げながら写真とっている感じです。オッサンには辛い体勢です。

 

一瞬なに石のもように見えるが魚です。

 

これなんだか分かりますか?

 

正解はペンギン君です。温度差の関係でかなりガラスが曇ってました。

 

キングペンギン・マカロニペンギンなど4種類いるそうです。

 

結構泳いでました。

 

癒しのクラゲです。本当癒されますね。

 

ニシキエビという伊勢海老の仲間だそうです。ブルーの体が特徴で大変珍しいエビとのことです。確かに見たこと無かったですね。

 

名前ど忘れしました。なんだったけな・・・

 

憧れの光景ですね。

 

イソギンチャクとカクレクマノミ。

 

家の水槽でこの光景を作りたいですね。

 

家でこれが見れたら個人的にはかなり癒しなので詳細的に挑戦したいですね。

 

再び中央の水槽です。

 

このように餌付けもされてたくさんの魚たちが寄ってきます。

 

ざっとですが海水館をご紹介しました。

感想としては、そんなに広くもないですが、様々種類の魚たちがいました。種類としてはスタンダートでしょうか。

続いて淡水館をご紹介します。

 

淡水館

続いて淡水館のご紹介です。

 

入ってすぐのところには身近な川魚が展示されています。

 

ニジマスとかですね。

 

川魚なんで派手さはないですが・・・(笑)

 

イワナもいました。

 

ナマズもいました。

 

これはなんですかね~(笑)

 

生きた化石の展示もありました。

 

あとは定番のピラニアですね。

 

淡水魚の水槽も色とりどりの魚たちがいました。

 

レッド系のお魚が多いですね。

 

この水槽をバックに写真を撮っている方が結構しました。

 

そしてこちらはカワウソ君ですね。

 

いや~可愛いですね。

 

かなり寄ってきてくれて

 

子供たちもはしゃいでました。

 

最近またブームになっているウーパールーパーです。インスタ映えしそうな可愛らしさがありますね!

 

バイカルアザラシ広場

次にバイカルアザラシ広場のご紹介です。

といってもアザラシがまともに撮れたのはこれ1枚です。

あとはバイカルアザラシ広場の地下にいた生物をご紹介します!

すっぽんです。

 

首を伸ばすとめっちゃ長くてびっくりです。

 

巨大魚もいました。

 

箱根園をちょっと散策

せっかく芦ノ湖が目の前なので散策します。

 

水族館の建物を取り囲んでいるツタが凄いことになってます。結構味がありますね。

 

こちらが芦ノ湖です。

 

この日は雨もふったりして天気がどんよりしてました。

 

芦ノ湖側から駒ヶ岳方面を撮りました。

 

流石に雲が濃い感じですね。

 

芦ノ湖では水上バスも走ってます!

その名も「忍者バス」です。

だからボディーがブラックなんですね。

 

ちょうど入るところを写真に撮れました。

 

道を走りながらそのまま芦ノ湖に入っていきました。一回乗ってみたいですね。

忍者バスの詳細はこちらです。

 

箱根で水族館?芦ノ湖のほとりにある水族館に行った話のまとめ

いかがでしたでしょうか?

当初行く計画もなく、箱根で水族館?って感じでしたがそれなりに楽しめました!

そして箱根園自体も色々楽しめる施設がありそうなので、今度はちゃんと計画立てて箱根園に来たいと思います。ただ駐車料金はもっと安くならないかな・・・(笑)

皆様も芦ノ湖方面にいらした際は、寄ってみてはいかがでしょうか?

⇒【じゃらん】箱根芦ノ湖周辺のお宿の検索結果

⇒【じゃらん】神奈川県 口コミ4.5以上の高評価のお宿の検索結果

 

 


PAGE TOP
Copy Protected by Chetan"s WP-Copyprotect.