【ベネッセ チャレンジイングリッシュ】ベネッセのチャンレジイングリッシュを始めたら子供が英語に夢中になり始めた話

教育, 通信教育

こんばんは、物欲です。

今日は、小学生の息子が4月から始めたベネッセのチャレンジイングリッシュをご紹介します。

昨今、小学校5,6年生では外国語活動が必修となり更に2020年以降には小学校3年生で必修に5,6年生では教科に格上げする計画を文科省が発表しています。

このような流れの中で、我が家でも英語をいつから始めて何で学ばせるのか?妻と話をしてました。

正直、私個人としては、必要になった時あるいは必要になる状況が予見できるタイミングで語学は勉強すれば良いと思ってます。あくまえ経験からですが・・・・(笑)

そんことを言うと「時代が違う!」と妻は激怒するので、決して口には出しませんがそんな思いを抱きつつ選定を始めました。

 

どうしてチャレンジイングリッシュにしたのか?

小学生の英語学習方法の候補としては、大きく分けて英会話スクール、オンライン英会話スクール、英語の通信教育に分けれます。それぞれのざっくりした特徴と最終的にどうしてチャレンジイングリッシュを選択したのかをご説明します。

・英会話スクール

数人のグループで受講するスタイルです。大体月額10,000円前後が多くテキストが別料金というところが多いです。また送り迎えも必須になります。

・オンラインの英会話スクール

パソコンなどを利用してマンツーマンで講師の方とレッスンするスタイルです。最近ではフィリピン人が講師のオンライン英会話スクールが増え価格破壊が進み。だいたい月額3,000円(20分×4回)ぐらいからのスクールが増えてきました。当然、家からパソコンなどで受講するため送り迎えなどは不要です。

・英語の通信教育

こちらもパソコンを利用して受けるスタイルですね。どちらかというと講師との英会話がメインというよりかは、もっと英語学習に重きがおかれています。従って、英語力としては総合的に高められるのではないでしょうか。月額は2,000円~5,000円くらいです。こちらも通いでないので送り迎えは不要です。

以上のように英語学習方法がいくつかある中で、我が家では「英語の通信教育」を選びました。

理由はシンプルで

・子供の適性

・コスト

・英語の総合力強化

が決め手です。

子供の適性に関しては、息子はなかなかの引っ込み思案なので、スクールで集団の中でやることに本人が後ろ向きなこと。

コストは、他にも習い事をやっている中でこれ以上、子供的にも親的にも送り迎えなどは厳しいこと。さらに受講費に関しては、チャンレジをやっているので、チャレンジイングリッシュなら通常価格3,240円が2,040円で受講できるのも大きいです。

後は、総合力強化ということで、英会話だけとかというよりはもっと”書く力”、”読む力”などを総合的につけていってほしいと思いました。

以上により最終的にまずはベネッセチャレンジイングリッシュで英語学習を始めるという結論に至りました。

 

ベネッセチャレンジイングリッシュとは?

ベネッセチャレンジイングリッシュとは、ベネッセが提供しているオンラインの英語学習プログラムです。特徴はずばりHPにありますが、以下です。

小学生向け英語講座。自宅で外国人講師とマンツーマン会話レッスンができて「使える英語力」を伸ばす。「聞く・話す・読む・書く」デジタルレッスンは使い放題。英検3級レベルまでを網羅。

まさに英語の総合力が身につき更にオンライン英会話スクールと同様に自宅で外国人講師とマンツーマンで英会話レッスンまでできちゃうって凄く魅力的に思えました。

これが月額2,040円で受講できるならやりますよね?(笑)

で、4月からやり始めたベネッセチャレンジイングリッシュの詳細をご紹介します。

 

チャレンジイングリッシュの中身は?

こちらはチャンレジイングリッシュに入会して送付されてきたものです。

 

中を開けると主にチャンレジイングリッシュをパソコンで始めるためのマニュアル等が入ってます。そしてもうひとつハード的なものと入会特典として付いてきたヘッドセットです。基本的にチャレンジイングリッシュはPC(タブレット含む)で受講する講座なので、今受講しているチャレンジとは違って分厚いテキスト等は入ってません。

それでは主だった送付物を説明します。

受講スタートシート

まずは受講するためにはパソコンのセットアップが必要なので、受講スタートシートを読んでいきます。

ステップ的には4ステップあります。

ステップ1、2、4は私ができますが、3は子供にレベルチェックのための問題を解いてもらう必要があります。

ちなみに対応ハードウェアとしては、チャレンジパッドか市販のタブレット、及びPCがあります。今回我が家ではPCで受講するのでPCのセットアップを行います。

 

PCのセットアップは結構簡単で、専用アプリをダウンロードしてインストールして起動するとチャンレジのユーザーIDとパスワードを求められるのでそれを入力すればアプリのセットアップは終わりです。

 

ハードウェアのセットアップが完了したら、子供のレベルチェック&レベル確定を行い、アバターなどの設定を行わば終わりです。

 

ちなみにPCのハードウェア的にはヘッドセットとウェブカメラも必要なので、無ければ購入する必要があります。今回はヘッドセットは特典のものを利用しウェブカメラはノートパソコンに内蔵されているやつを使います。ちなみにこれらのハードウェアが正常に動作しているかは、チャレンジのアプリからテストを行うことができるので、確認したほうが良いです。

 

入会特典のヘッドセット

こちが入会特典のヘッドセットになります。ヘッドセットは3色から選ぶことができました。今回子供がグリーンをチョイスしました。

 

本体がグリーンでスピーカー部分は片ほう側のみ付いてます。

 

上の部分が光ったりします。

 

こちらがマイク部分です。

子供はこのヘッドセットは気に入ってましたね。最初は・・(笑)うちのPCはマイクもスピーカーも内蔵されているのでそもそもヘッドセットを使用する必要がありません。このことに気付いてからは、ヘッドセットを使わないでやってたりしてます。

 

オンライントークのまえによむ本

月1回、講師の先生とオンライン英会話のレッスンを受けることができるので予約方法などの手順が載ってます。

 

スタートBOOK

年間を通して、試験などのイベントが行われるようなので目標があるので学習にもハリが出るようです。

 

返品用の伝票など

3月中に申し込みを行った場合、ご丁寧に返品用の袋や伝票も同封されてました。我が家は必要なさそうです。

 

Workbook

単語などが載った簡単なワークブックが付いてました。

 

チャレンジイングリッシュをやるのに必要な環境は?

チャレンジイングリッシュをオンラインで受講する講座なので機材が必要です。具体的には、以下です。

・PC又はタブレット(チャレンジパッド含む)

・インターネット

・マイク、Webカメラ、スピーカー

です。

PCもしくは

タブレットで受講できます。ちなみにスマートフォンでは受講できません。詳しいシステム要件は以下です。最新情報はこちらからご確認ください。

パソコンのシステム要件(Win&Mac)

・windows

OS
日本語版 Microsoft Windows 7/8.1/10
CPU
Core 2 Duo 1.66GHz 以上 または左記に相当以上のCPU
メモリ
2GB以上
ディスプレイ
1024×768以上、HighColor(65000色)以上表示可能なもの
ブラウザ
Microsoft Internet Explorer11、Microsoft Edge、Google Chrome
Flash Player
14以降
マイク
必須

  • ※内蔵マイクがある場合、そちらをお使いいただけます。
ウェブカメラ
必須

  • ※内蔵カメラがある場合、そちらをお使いいただけます。

・Mac

OS
Mac OS X 10.9(Mavericks) / 10.10(Yosemite) / 10.11(El Capitan) / 10.12(Sierra) / 10.13(High Sierra) 各OSの最終バージョン
マイク
必須
ウェブカメラ
必須

  • ※内蔵カメラがある場合、そちらをお使いいただけます。
  • ※ウェブカメラを接続する場合は、USBポートが1つあること。

タブレットのシステム要件(iPad&Android)

・iPad

対応機種
iPad(第4世代、第5世代)、iPad Air、iPad Air 2、iPad mini 2、iPad mini 3、iPad mini 4、iPad Pro(9.7/12.9インチ)
OS
iOS 8.0〜8.4.1、9.1~11.2の端末
・android
対応機種
・ARROWS Tab F-02F(OS 4.2.2)
・AQUOS PAD SH-08E(OS 4.2.2)
・XPERIA Tablet Z SO-03E(OS 4.1.2)
  • ※上記タブレット以外は、Google Playからダウンロードできないため、ご利用いただけません。
  • ※上記の括弧内は、動作確認をしたOSバージョンです。
  • ※上記タブレットでOSをアップデートした場合は、ダウンロードはできますが、動作対象外となります。Android 4.4にアップデートした場合は、オンライントークで音声の途切れが発生しますので、アップデートはお控えください。

 

インターネット環境

ブロードバンド(光ファイバ・ADSL等)による常時接続が可能なインターネット通信環境が必要です。結構動画が多いので高速回線が必須です!私のおススメはNURO 光です。

今ならPS4からスイッチか現金のキャッシュバックが選べるキャンペーンやってます!!
⇒【NURO光】PS4か任天堂スイッチか現金キャッシュバックから選べるキャンペーン!

 

チャレンジイングリッシュの受講費は?

通常価格は、3,240円です。進研ゼミの他講座(チャレンジなど)を受講していると2,040円で受講できます。一括で支払っても途中退会は可能なので安心ですね。

 

どうしてチャレンジイングリッシュに息子が夢中になっているのか?

チャレンジイングリッシュの特徴は、私の解釈ではデジタルレッスン&オンライン英会話の組み合わせですね。で、このデジタルレッスンが強力で息子がドハマりしてます(笑)それではデジタルレッスンとオンライン英会話の詳細をご紹介します。

デジタルレッスン

デジタルレッスンはなんと2600レッスンもあり更に聞く、話す、読む、書く能力をバランスよく身に着けることができます。それぞれの紹介PVがありますのでご覧ください。

・聞く

 

・話す

 

・読む

 

・書く

以上な感じで「聞く、話す、読む、書く」能力を高める仕組みなっています。またゲーム要素もあるので子供が楽しく英語学習に入りやすいように工夫されています。実際の息子もこのゲーム要素が楽しくて毎日やってます。

 

夢中にチャレンジイングリッシュをやる息子

最近、毎日15分~20分くらいはやってますね。自分から・・・(笑)

 

こちらがアプリを起動した時のメイン画面です。今日のレッスンや進捗、オンラインレッスンの予定の確認やメールボックスなどもあります。メールも子供の対して送ることができます!妻は良くつかってますよ(笑)子供も嬉しそうです。

 

レッスンの進捗もこんな感じでビジュアル的に確認できます。

 

こちらは「書く」レッスンですね。

 

実際に文字を打ちながらレッスンを進めていきます。何気にパソコンの習得にもつながっていて2度おいしい感じです。

 

終わるとすぐに結果を確認できます。又繰り返し学習することも可能です。

 

年間のスケジュールと全体の進捗も簡単に確認できます。

これ本当良く出てますよ。分かりやすい!

行政のシステムもこんな感じで作ってくれれば良いのですが・・(笑)

 

ドキドキのオンライン英会話レッスンを受ける

チャレンジイングリッシュのオンライン英会話でどのようなレッスンが行われるか、こちらをご覧ください。

このレッスンが月1回含まれて2,040円です!

又、もっと子供が慣れてきて月1回じゃたりない!となっても追加でチケットを購入することで英会話レッスンを増やすこともできるので安心ですね。そこまで子供が英語に好きになってくれたら親としてはうれしい限りです!(笑)

こちらは初めて受けたオンライン英会話の様子です。初回で緊張していましたが、子供も「OK!」連発でかなり楽しんで受けてました(笑)。

講師の方も、子供の緊張をほぐそうとして趣味というか好きなことの話などを聞いてくれて会話し易い雰囲気を出して頂きました。

初めてのオンライン英会話レッスンとしては、講師の方とのやり取りを楽しめたようで良かったと思います。

 

ベネッセチャレンジイングリッシュのまとめ

いかがでしたでしょうか?

小学生の英語学習の選択肢はあまたありますが、チャレンジイングリッシュは総合的なコストパフォーマンスの点でおススメできます。

聞く、話す、読む、書く」を総合的にバランス良く高められるのは、魅力的ですね。オンライン英会話もマンツーマンで外国方と話すのも始めての経験なので、子供としてすべてが楽しいようです。

チャレンジイングリッシュの公式HPはこちらからも↓のボタンからも確認できますので是非詳細を確認してみください。

皆様のお子様の英語教育の参考になれば幸いです。

 

 


PAGE TOP
Copy Protected by Chetan"s WP-Copyprotect.