【YA-MAN(ヤーマン) 美顔器 ボーテ フォトPLUSEX HRF-20N】妻に「エステに行くより安いでしょ?」と言われて購入。その効果はいかに?

美顔器

こんばんは、物欲です。

今日ご紹介するのは、春のAmazonのセール時に購入した美顔器です。

美顔器って物欲が使うの?って思わないと思いますが、妻用です。

それにしても美顔器は、種類も多くまた結局効果はあるのかないのか?など気になる点が多いと思いますので是非参考にして頂けれると嬉しいです。

 

 

そもそもなぜ美顔器を購入したのか?

購入理由は、妻から美顔器が欲しいと数ヶ月前に打診されたからです。

人間なら誰しも老いていきます。

但し、そのスピードには当然個人差があり、更に体のケアを丹念にしている方はそのスピードを和らげられるのでは思ってます。

なので、妻が老いとの闘いをしていくという意思を尊重しバックアップするために購入することにしました。

 

なぜヤーマンの美顔器ボーテ フォトPLUSEX HRF-20Nを購入したのか?

美顔器もAmazonで軽く検索かけてもいくつもあります。

大別すると以下の種類があります。

・大手メーカー系

・独立系(高級・中級)

・独立系(格安)

この中で独立系(格安)はまず外しました。具体的に言うと1万円以下です。効果ある・なしは関係なく直接肌に触れるものなのであまりに安い製品は外しました。

ちなみに予算は5万円です。なぜ5万円かというとこのぐらいの金額出さないとそれなに効果のある瀬品は購入できないのではないか、又もっと高級機種だと効果があまり見られなかった時にショックだな~と漠然と考えたからです。

あと美顔器に対する要望として妻から1つ言われていたのが、

EMS機能があるやつがいい~

です。EMS機能って簡単にいうと電気の力で筋肉を運動させるやつです。

よく腹筋を鍛えるシックスパッドなどが有名ですね。

これを顔でやるということは、顔の筋肉を鍛えてたるみを防止・解消したいのかな?と思いました。

以上のような条件を考慮しつつ早速、大手メーカー系及び独立系(高級・中級)からいくつかの製品を確認しました。

大手メーカー系美顔器

・パナソニック美顔器

まず購入しようとしていたのはパナソニックのこの美顔器です。なって言っても美容家電のレパートリーも多いですし、信頼もありますからね。そして痩身効果もありエステでも使われているラジオ波が家庭でも使えるので魅力的ですね。しかし、購入しなかった理由は、ESM機能が無かったので妻の希望を満たせなかったからです。

・日立美顔器

日立は美容家電のイメージはありませんでしたが、ありました。こちらの特徴はシミセンサーという機能があってシミを見つけると振動で教えてくれるらしいです。それでもってシミを薄くする機能でもあるのかと思ったのですが、そのような機能はないそうです。残念!またこちらの美顔器に関しても明示的なESM機能が無かったので購入を見送りました。

 

独立系美顔器(高級・中級)

・Dr Arrivo

 

こちらの美顔器はエステ会社が出している美顔器になります。ESM機能も付いておりかなり効果がありそうですが、如何せん価格が高額です(笑)流石に8万円超えが厳しいですね。かなり魅力的ですがちょっと自分には高級過ぎます(笑)

それとこの商品見ながら思ったのは、美顔器と一緒に使う”美容液”もかなり重要なのかなと思いました。Dr Arrivoでも美容液を出しているので、これを購入して他の美顔器と組み合わせても効果でるじゃね~と思っちゃいました。ちなみにこちらの美容液です。

名前からしていいですね「PERFECT LIFT(パーフェクトリフト)」。商品説明には「現状のダメージケアと未来の美肌ケアを同時に行うことを可能にした、プロ仕様のエイジングケア美容液です。」との説明があります。そして美顔器と組み合わせることで「肌荒れ(ニキビ、毛穴)、透明感(シミ、くすみ)、弾力(小じわ、たるみ)など、あらゆる肌トラブルに対応」とのことで期待大ですね。

 

・ヤーマン(Ya-Man)

最終的に購入したのは、こちらのヤーマンの美顔器HRF-20Nです。そもそもヤーマンってご存知ですか?自分は知らなかったのですが、ヤーマン株式会社は1978年に設立された美容・健康機器メーカーです。本社は東京です。ちょうど今年が設立40周年で同じアラフォーな会社です(笑)歴史がありますね。

ヤーマンは、様々な美容機器を例えば脱毛器やシェイプアップ機器などをリリースしてます。例えばこんな製品です。

・メンズ用脱毛器

・シェイプアップ

このように様々な美容機器をリリースしているヤーマンの美顔器を購入した訳ですが、購入した理由としては、

・こちらの製品もラジオ波を出力

・ESM機能も具備している

・価格も5万円以内

だからです。

更に、Amazonのタイムセールで3万円代で購入できるタイミングあったのも大きい理由でした。

それでは、ヤーマンのボーテ フォトPLUSEX HRF-20Nの詳細をご紹介します。

ボーテ フォトPLUSEX HRF-20Nの詳細

こちらは箱の外観です。

 

中を開けると、本体と取り扱い説明書が入ってます。

 

こちらに本体が格納されています。

 

こちらが取り扱い説明書です。使い方も載っているのでしっかり読みましょう。

 

先ほどの箱には充電用のアダプターが入ってます。

 

改めてヤーマンのHPからHRF-20Nの特徴を抜粋します。

マイクロカレント・ダブル波EMSで目もとも深層表情筋*も本格ケア!
*……表情筋の一部 (しゅう眉筋、側頭筋、口角挙筋、翼突筋、頬筋、オトガイ筋) を表した造語です。

RFボーテ フォトPLUS EXは、6つのモードでワンランク上のスキンケアに加え、目もと、表情筋までをトリートメントする多機能美顔器です。

業務用でも採用される1MHzのラジオ波でお肌の深部 (角質層) まで温めながら、クレンジング・うるおい・表情筋ケア・フォトでのケアをし、仕上げの冷却でハリとキメの整ったお肌へ導きます。

エクストラだけの限定機能、マイクロカレントで目もとのキワまでアプローチする「アイケアモード」を使ったピンポイントケア、深層表情筋*まで届く「ダブル波EMS」の表情筋ケアもオススメです。

大きさと重さは以下です。

サイズ : 約W44 × D57 × H190 (mm)
質量 : 約220g

そして色は豪華なシャンパンゴールドとなります。

 

こちらがサイドです。

 

サイドの先端部です。丸みを帯びでいて柔らかい印象です。

 

正面です。本体にはボタンがありましてLEVEL/振動ボタンと電源/MODEボタンの2つです。

 

こちらに電源アダプターを挿入して充電します。充電時間は約2.5時間で約40分稼働します。

 

こちらはコットンストッパーになります。

 

コットンストッパーはマグネット式になっており、こちらに美容液(化粧水)を含んだコットンをはさんで使用します。もちろん後で説明するモードによってはコットンは必要ありません。

次に動作モードを説明します。

 

ボーテ フォトPLUSEX HRF-20Nの選べる各モードの特徴は?

取説からの抜粋ですがHRF-20Nには、全部で6つのモードがあります。

全部行うと約17分になります。

なので毎日の肌の状況に合わせて最適なモードを組み合わせて利用できるので、無駄がなくそして効果的にお肌ケアを行うことができます。

 

ボーテ フォトPLUSEX HRF-20Nの効果は?

実際に使ってるのを見せてもらいました。やはり最初はクリーンモードで汚れを落とすそうです。

 

レベルはまだ弱めです。

気にある効果なのですが、使い始めて1週間程度経ちますが

「正直まだ効果が分からない」とのことです。

レビューとか見ると使ってすぐ効果があり!みたいな書き込みがありますが、そのあたりはやはり個人差がありそうです。

ですが、うちの妻が言ってるのでは

単純に使っていると「気持ち良い~♪」とのことです。

とくに振動や暖めなどが程よくていいそうです。

こういう機械ものは、まずは効果うんぬんより使って気持ちいい使い続けたいと思えることが重要だと私は思っているので、まずは一安心でした。

 

ヤーマンの美顔器ボーテ フォトPLUSEX HRF-20Nのまとめ

いかがでしたでしょうか?

まだまだ効果が出るのは先かもしれませんが、気持ち良く使い始めてもらえたのでプレゼントしたがいがありました(笑)

決して価格も安いものではないので、購入するのに冷静な判断と勢い?が必要ですが安かろう悪かろうの製品を最初に購入するよりかは、しっかりと信頼のおける製品を購入するほうが良いと思います。

なので、ご自身や奥様、彼女さんの肌ケアにご関心がある方は是非ご検討ください。

なんでかんだ言ってやっぱり綺麗にいて欲しいですからね(笑)

 

 


PAGE TOP
Copy Protected by Chetan"s WP-Copyprotect.